TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区石関町

地名の由来:石関町

地名の由来

 岡山城のすぐ下、旭川沿いに石関町という地名があります。
 岡山市の総鎮守である岡山神社がある辺り一帯です。

 この地名は岡山城の整備に関連した地名です。
 岡山城を築いた宇喜多秀家の時代、旭川から中堀へと水を引き込むために、石関町の辺りから帯郭門へと続く間に大きな石で堰をしました

 この事から、周辺の地名が石関町となったと言われています。

中堀

 石を置いて水が送られた中堀ですが、現存はしません。
 明治時代に入って埋め立てられたのです。
 
 中堀は石関町から水が注ぎこまれ、天神山の辺りを大きく迂回し、百貨店の天満屋とそのバスターミナルの間を流れていくルートを通っていました。



 -戻る-

関連リンク



写真:石関町から見た岡山城
写真:Googleマップ

ページトップに戻る