TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区伊福町

  伊福町の地名の由来

地名の由来:伊福町

地名の由来

 岡山市街地、ノートルダム清心女子大学がある一帯の地名を『伊福町』と言います。

 伊福という地名は、『伊福部』という部民制の名称から来ています
 部民とは、決まった職業を与えられた人々の集まりの事です。
 その中でも『伊福部』は、金属の精製・加工に携わっている人々です。
 伊福町の周辺には、こうした職業に就いていた人々が住んでいた事から、地名になりました。
 
 岡山県内ではたたら製鉄が行われていた地域に、製鉄に関する地名が多く残されていますが、金属の精製の際に『吹く』行為が、縁起のいい『福』の文字に転じるケースもあります

 高梁市にある観光地の『吹屋』の地名も、金属を『吹く』から来た地名です。

清心町にない清心女子大学

 伊福町の隣に清心町という地名があります。
 これは先述のノートルダム清心女子大学に由来する地名ですが、実は同大学の所在地は伊福町です。

  清心町というのは、大学のすぐそばに広がる地域と言う事で、大学名から取って【清心】の名前を地名にしたものです。



 -戻る-

関連リンク



写真:伊福町の風景
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る