TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区一宮山崎

地名の由来:一宮山崎

地名の由来

 一宮山崎の地名の由来は、一宮と山崎それぞれの由来が別々に存在します。

 まず一宮の部分は、一宮町に属していた事を意味します。
 岡山市北区一宮と由来は同じで、備前の国の一宮、吉備津彦神社の門前町として栄えた地域だった事に由来する地名です。

 山崎は山の先端部に広がる地域という意味があります。
 今岡から山崎にかけて、丘になっており、山崎の地域はその南端部に位置するので、そこから山崎と呼ばれるようになりました。

 一宮町が岡山市へ編入する際に、旧町名の一宮を冠して一宮山崎と改称しました。

市町村合併と、旧市町村名

 さて、ではどうして山崎地区は一宮町を冠したのでしょう?

 市町村合併の際に旧市町村名を冠するのには、大きく二つの意味が考えられます。
・伝統ある市町村名を住所表記上に残す為
・合併先の市町村に同じ又は似た地名が存在する
 旧一宮町の地名で一宮を残しているのは、一宮と一宮山崎のみです。

 一宮町が岡山市へ編入した当時、山崎という地名は既に市内に存在していました。
 現在の岡山市中区山崎です。
 こういった場合に、地名の混同を避けるために旧市町村名を冠するのです。
 一宮山崎という地名も、市内に二つの山崎が存在しないようにと冠されたものです。




 -戻る-


写真:一宮山崎の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る