TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区一宮

吉備津彦神社

地名の由来:一宮

地名の由来

 一宮の地名の由来は備前国の一宮である吉備津彦神社がある事です。

 岡山市の一宮に限らず、旧国の一宮や二宮とされる立派な神社がある一帯は、そのまま一宮、二宮といった地名になったり、その神社の名前を地名に頂いたりする傾向にあります。
 例えば津山市の一宮、二宮はそのまま美作国の一宮と二宮の所在地です。
 備中国の一宮である吉備津神社がある辺りは一宮ではありませんが、神社の名前である岡山市吉備津になっています。
 一宮以外の神社では、文字こそ転じていますが生庶神社から採られた乙多見や、既に廃寺になった寺の名称が残されている西隆寺などがあります。

もう一つの一宮

 ところで旧・備前国の一宮は政治的な問題により安仁神社(西大寺)から、現在の吉備津彦神社へ移されたと伝えられています。

 それは藤原純友の乱と呼ばれる事件に関連します。
 海賊の制圧を命じられた藤原純友という人物が、逆に海賊を率いて朝廷と対抗する動きに出るようになったという出来事ですが、この時に安仁神社は藤原純友さんの方に味方していました。

 その後、藤原純友さんの方が敗北する形で一件が落ち着いたので、一宮の地位は藤原純友さん側についた安仁神社から、朝廷側についていた吉備津神社から分霊した吉備津彦神社へ移ったのだといわれています。

 その為、備前国の中に旧西大寺市の一宮(現・岡山市東区西大寺一宮)と、岡山市北区一宮という二つの一宮の地名が存在しているのです。
 西大寺市は岡山市と合併した際に住所の大字に旧市名である西大寺を関していましたが、後に一部を残し西大寺を外しました。

 西大寺一宮はその時に西大寺を残して現在に至りますが、理由は岡山市一宮と重複してしまう為です。




 -戻る-


写真:吉備津彦神社
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る