TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市・百間川

水門工事の様子

地名の由来:百間川

地名の由来

 百間川は岡山市中区~東区を流れ、最終的に児島湾に注がれます。
 名称は二の荒手と呼ばれる場所(現在の中島竹田橋)の川と堤防を含めた長さが100間ほどあった為です。

 岡山市出身の作家、内田百間さんのペンネームはこの川に由来します。

人工河川・百間川

 百間川遺跡などでも知られる川なので随分と歴史のある川なのかと思いきや、実は江戸時代に作られた人工河川です。

 当時、岡山藩は旭川の氾濫に苦しめられていました。

 豊臣秀吉さんの提案で、現在の場所に岡山城を作ったものの、お城の防備が弱くなってしまうので、苦肉の先で旭川の流れを変え、お城のお堀の代わりとする工事を行っいました。
 しかしその工事が裏目に出て、水害が多発していた
のです。

 そこで考え出されたのが、放水路を作って溢れた水を海へ流してしまう事でした。
 その放水路が、百間川なのです。



 -戻る-

関連リンク


写真:水門工事の様子

ページトップに戻る