TOP備前県民局エリアの地名の由来>瀬戸内市・広高山

地名の由来:広高山

広高山と神功皇后

 広高山は瀬戸内市にある標高166mくらいの山です。
 広くて高い山というには、ちょっと物足りない大きさですが、何故このような名前がつけられているのでしょう?

 地名の由来を辿ってみると、神功皇后の伝説が登場します。
 この神功皇后と言う方は、実在の人物ではないと考えられていますが、日本各地に登場して伝説や地名を残しています。

 瀬戸内市でも有名な場所では牛窓の由来にも関係する人物ですね♪

地名の由来

 神功皇后は潮待ちの最中に牛窓半島の岬へ鏑矢を打つと言う余興をするのですが、その際に海へ乗り入れるのに使われたのが、彼女の愛馬だった白鷹という馬です。
 この馬はその後、船に戻り損ねて入り江を渡って本土へ行ってしまうのですが、最後に死んでしまった場所が、この広高山です。

 その後、神功皇后の愛馬の最後の地と言う事で、白鷹山と呼ばれていましたが、やがて転じていき、現在の広高山となったと伝えられています。

 尚、白鷹が上陸した場所は瀬戸町才崎(白い馬が白サイと見間違えられた)、瀬戸内市尻海(馬の尻を目撃した人がいた)といった地名になっています。



 -戻る-


写真:広高山からの風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る