TOP備前県民局エリアの地名の由来>吉備中央町広面

地名の由来:広面

地名の由来

 吉備高原都市の一角に『広面』という地名があります。
 この二文字で『ヒロモ』と読みます。

 地この辺りに耕地が広がっていたという事から広面という、地形が元になっている地名です。
 現在でも多くの耕地のある、自然豊かな地域です。

風神社

 広面には風(ふう)神社という変わった名前の神社があります。
 吉備津彦命の中国平定の際に、家臣で吉備津彦命の軍師の役割を果たした鼓彦命が建立した社を起源とする神社で、風の神である、志那津比古命・志那津比女命を祀っています。

 現在の位置に鎮座するようになったのは935年の事とされ、当時は風倉大明神として祀られていましたが、1872年より風神社と改名されました。
 


 -戻る-


写真:風神社
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る