TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区平田

地名の由来:平田

地名の由来

  現在の岡山市北区平田は家が立ち並ぶ住宅地ですが、古くは海を埋め立てて作られた干拓地で、田畑が広がっていました。

 平田という地名もその事に由来し、凹凸のない平べったい地域だった事から、平田と名付けられたと言われています。

 これとは別に、開墾者を由来とする説も伝わっています。
 現在の平田の辺りは平吉という人物が開墾に尽力した為、元々は平吉新田と呼ばれていましたが、当時は新田に個人名を付けることが禁止されていた為、略して平田としたという説です。

開拓地の地名

 平田の周辺は干拓によって作られた開拓地が広がっています。
 近くにある当新田(岡山市南区)は、当庵という人物が開墾した為、当庵新田と呼ばれていたのが、平田と同じ理由で個人名が使用できない為に当新田と略されたと伝えられています。

 また、開墾によって新しく出来た土地という意味の(岡山市北区)、殿様が開墾される土地を見ながら「ここも自分の米倉になるんだな」と話したことに由来する米倉(岡山市南区)など、様々な由来が伝えられています。



 -戻る-

関連リンク


写真:平田を抜ける岡山バイパス
写真:Googleマップ

ページトップに戻る