TOP備前県民局エリアの地名の由来>和気町原


地名の由来:原

地名の由来

 和気町に原という地名があります。
 吉井川と日笠川が合流する辺りに広がる川沿いの地域です。

 地名の由来も、こうした立地に由来しています。
 原の文字は原っぱの意味ではなく、河原の原を意味しています。
 実際、原地区には吉井川沿いへ広い河原が広がっています。

元恩寺

 和気町原には備前48ヶ寺の一つである元恩寺という寺院があります。
 
 備前48ヶ寺とは岡山市出身の報恩大師が建立した48のお寺の事です。
 報恩大師は備前、備中で修行した後に、祈祷によって孝謙天皇の病気を癒したとされる人物で、後に勅命によって備前へ48の寺院を建立しました。

 子宝、安産のご利益あるといわれています。



 -戻る-

関連リンク

写真:元恩寺
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る

00.