TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市羽根崎町


地名の由来:羽根崎町

地名の由来

 玉野市の羽根崎町の地名は、周辺の古い情景に由来しています。

 現在は住宅が広がっていますが、元々は海が広がっていました。
 町『羽根』は撥ねるから転じたといわれ、当時まだ周辺が埋め立てられずに海だった頃、この辺りで潮の流れが変わった為に潮同士がぶつかり合って撥ね上がっていた事を意味します。
 
 そういった情景を持つ岬だった事から、羽根崎町という地名になりました。

現在の様子

 周辺は住宅街となっており、海だった頃の面影はありません。

 しかし、この辺りを響灘と呼ぶ事がある事や近くのお寺に天神様が祭られていることなどが、かつて海だった頃の名残として残されています。

 また近くには御崎(ミサキではなくオンザキ)という地名や御崎八幡宮(こちらはミサキ)などがあり、当時の日比の情景を今に伝えてくれます。



 -戻る-


写真:羽根崎町の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る