TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区花尻


地名の由来:花尻

地名の由来

 岡山市にある花尻の地名の『花』は、何かの花が沢山咲いていたわけではありません。
 これは端っこ【端(ハナ)】の文字が転じたものです。

 何の端っこなのかというと、吉備の中山の端っこです。
 山の端っこ=鼻先となり、そこへ『花』という文字が当てられたのです。

 昭和54年には花尻を含む周辺地域が分けられ、花尻ききょう町花尻あかね町花尻みどり町といった名前も誕生しました。
 こちらは地名に使われている花の文字を活かした、美しい地名です。

霊山・吉備の中山

 吉備の中山は備津神社、吉備津彦神社が霊山として敬う場所です。
 花尻と吉備津神社はちょうど宮内庁が管理する中山茶臼山古墳を挟んで反対側に位置しています。

 その山の端という事で花尻という地名が考案されたのでしょう。



 -戻る-

関連リンク


写真:花尻周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る