TOP備前県民局エリアの地名の由来>吉備中央町船津

地名の由来:船津

地名の由来

 吉備中央町に広がる旭川ダムの辺りに見られる地名に、船津(ふなつ)があります。
 船は言うまでもなく乗り物の船で、津は港を意味する言葉です。
 要するに、港、船着場を意味する地名なのです。

 現在の感覚で言うと、内陸部なので船もないですし、港も見当たらない…ということになってしまいますが、かつて川が重要な交通手段だった頃、この辺りは実際に港として賑わっていたのです。

内陸部の港

 ではどうして内陸部である吉備中央町船津の周辺に港があったのでしょう。
 それは高瀬舟と言われる船が寄港していたのです。

 高瀬船は岡山県発祥と言われる船の形で、浅い川を通るのに適した形状になっており、かつては荷物の輸送の足として日本全国で活躍していた交通手段です。

 川を通る船なので、当然内陸部にも船着場があったのです。
 


 -戻る-


写真:船津周辺の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る