TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区絵図町

地名の由来:絵図町

地名の由来

 岡山市北区に絵図町という地名があります。
 県営グラウンドに隣接する地域で、ホテルや学校などがあります。

 元々、この周辺には絵図師が住んでいたという事が由来とされています。
 また更に古い時代は、この辺りは海が広がっていた事から、江津が変化したのではないかという説も存在しています。 

実は新しい大字

 絵図町という地名が大字として用いられるようになったのは、実は1965年の事です。
 それまでは上伊福の中に含まれる地域でした。

 町区改訂が行われた際に、分離して出来たのが絵図町です。
 県営グラウンドの所在地、いずみ町などもその時に上伊福から分離して出来た地名です。



 -戻る-

関連リンク


写真:絵図町の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る