TOP備前県民局エリアの地名の由来>備前市麻宇那

地名の由来:麻宇那

地名の由来

 備前市の難読地名、麻宇那。
 実は読み方はそのまま、アソウナと読むのが正解です。

 古くは麻野上、麻宇野、麻苧等と呼ばれていました。
 17世紀半ば頃から、現在の麻宇那という地名で定着したそうです。

 これは麻苧(あさお)という、麻で作った紐の産地である事に由来します。


麻苧とは

 麻苧というのは、先述の通り麻で作られた紐のことです。
 専ら神事に用いられます。

 一般的によく見かける例としては、正月のしめ飾りを玄関に結びつける際に用いる場合でしょうか。
 最近の商品はフックや両面テープで簡単に取り付けられるようになっていますが、少本格的なものになると、麻苧で固定する場合もあります。

 また神事のお供え物を固定するのにも用いられます。




 -戻る-

関連リンク

写真:麻宇那周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る