TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区・あくら通り

あくら通り周辺

地名の由来:岡山市北区・あくら通り

あくら通りの地名の由来

 岡山市北区の市道『東島田内山下線』には、『あくら通り』という愛称があります。
 岡山市で『あくら』といえば、南区飽浦(あくら)が思い浮かびますが、市街地にある市道との関係が見えてきません。
 そこで調べてみたところ、『あくらの木』がある事が由来との事でした。
 なるほど、あくらの木が植えられている事に由来するのですね。

 ……ん?
 あくらの木って何ぞ

追跡調査!あくらの木とは!?

 由来は判ったものの、Wikipediaで調べてみても、ヒット無しです。
 むしろ先述の飽浦や、県道の東安倉(ひがしあくら)鴨方線がヒットします。

 実は 『あくら』というのは、岡山市の市の木にも指定されている『クロガネモチ』の、ローカルな呼称です。
 なのであくら通りというのは、クロガネモチが多く植えられている通りという意味があるのだとか。大気汚染にも強く、都市の街路樹に使われることが多い強い木だそうです。
 

通りと筋

 岡山市街地にはあくら通りの他にも沢山の道の愛称がありますが、実は規則性があります。

 あくら通りのように『通り』がつけられた道は東西に伸びている道で、道の方向が南北に伸びている場合は、『(すじ)という表現が用いられています

 このルールを覚えておけば、『○○筋のお店』などと言われた時にも、場所を思い浮かべやすいかもしれませんね♪



 -戻る-


写真:あくら通り周辺
写真提供:プランク

ページトップに戻る