TOP備中県民局エリアの地名の由来>里庄町・湯の池

 

地名の由来:湯の池

地名の由来

 里庄町里見地区に、湯の池という名前の大きな池があります。
 この池には吉備津彦命の伝説が伝わっており、地名もその出来事に由来しています。

 鬼の城に住む温羅を討伐した吉備津彦命は、各地に残る鬼を退治して巡っていました。
 しかしある鬼たちとの戦いで奇妙な事がありました。
 前日に倒した鬼が、翌日には勢力を取り戻して、なかなか討伐し切れなかったのです。

 不思議に想い調べてみたところ、鬼は遥照山や里庄町にある温泉で傷を癒していたのです。
 そこで吉備津彦は温泉を封印し、ただの池に変えてしまいました。
 鬼は傷を癒すことが出来なくなり、吉備津彦は見事勝利を収めたそうです。

 里庄町の湯の池は、その時に封印された温泉の一つです。
 元は温泉だった池…という意味で、湯の池と呼ばれるようになったのです。
 

枯れた温泉と伝説

 実はこういった伝説は里庄町だけではなく、全国で散見されるそうです。

 共通するのは、かつて温泉だった場所である事です。
 温泉が枯れてしまい、ただの水になってしまう事を不思議に想い、それぞれの地域で色々な伝説が生まれたのでしょう。
 
 岡山では、そこへ地元の英雄である吉備津彦が登場したという事なのです。



 -戻る-

関連リンク

写真:現在の湯の池
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る