TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市児島由加

由加山

地名の由来:児島由加

地名の由来

 倉敷市児島由加は、その名の通り由加山のある一帯の地名です。

 かつては多くの山がそびえている事から『山村』という地名でしたが、霊山として名高い由加山の名前から『由加』となり、旧児島市が倉敷市と合併して以降は児島由加となりました。

寺社由来の地名

 由加山は山自体が霊山とされ、かつては神仏習合だった蓮台寺と、由加神社という大きな寺社があります。

 周辺で広く信仰されている寺社に由来する地名は少なくありません。
 県内には岡山市や津山市の一宮(それぞれ、旧国の一宮となる神社の所在地)、岡山市吉備津(備中国一宮である吉備津神社の所在地)など、同様の由来を持つ地名が幾つもあります。

 県内でも有数の規模を誇り、金刀比羅宮との両参りなどで全国的にも高い知名度を持つ寺社だけに、周辺の地名が変わるというのも納得のような気がしますね。



 -戻る-

関連リンク


写真:由加神社
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る