TOP備中県民局エリアの地名の由来>笠岡市・金浦西浜

地名の由来:金浦西浜

岡山一!?難読地名

 笠岡市にある『西浜(金浦西浜地区)』という地名を、難読地名として紹介しても、多くの人は「普通の地名じゃん」と思うのではないでしょうか。
 現在の笠岡市金浦の旧地名です。

 確かに漢字を見るとどこにでもありそうな地名ですよね?

 しかし読み方を聞くと実は難読な地名です。
 読み方はニシハマではなく、ヨウスナです。

地名の由来

 ヨウスナは魚渚…イオスナから来ています

 末次元康という武将がが現在の西浜の辺りへ築城の計画を立てました。
 これが後の笠岡城なのです。

 城下町を整備する際に、様々な職人や商人を集めて賑わいを生み出します。
 西浜もその一つで、漁師が集めらた町として整備されています。

 漁師が集められたの先が魚渚で、移住する事になった漁師たちが元々住んでいたのが西浜です。

 その際に読み方自体は移住した先の魚渚を継承したもの、漢字は移住した人々の心情に配慮して故郷のものを当てたのです。
 なので西浜と書いてヨウスナと読む、非常に難読な地名が誕生したのでした。

 1952年に笠岡市へ編入することになった際、大字としての西浜は旧町名である金浦に変更されています。




 -戻る-


写真:西浜バス停前の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る