TOP備中県民局エリアの地名の由来>浅口市・寄島地域

寄島/三郎島 

地名の由来:寄島地域

寄島の地名の由来

 寄島地域の地名の起源は、周辺がまだ島と陸地が離れていた頃まで遡ります。

 神功皇后が朝鮮遠征の帰りに、風光明媚な島があると知って立ち寄った事から、神功皇后が立ち寄った島という意味で『寄島』と呼ばれるようになったのです。

 この名前を取って誕生したのが、寄島町の前身である寄島村でした。
 尚、神功皇后が寄港した場所は、現在の寄島地域の陸地部分ではなく、後述する三郎島です。

三郎島

 寄島が村の名前に採用された後、神功皇后が寄港した元々の寄島は『三郎島』と呼ばれるようになりました。
 これは近くにあった小島の名称で、現在『三ツ山』と呼ばれている島がこれに当たります。

 周辺には寄島と同様に神功皇后が訪れた事に由来するといわれる地名も幾つか残っています。(例えば安倉は休息を取った事が由来とされています)

神功皇后とは、仲哀天皇の皇后であるとされる人物で、応神天皇を産んだとされる人物ですが、実在しなかったであろう人物と考えられています。
 しかし各地に伝説が残されており、岡山県内には朝鮮遠征へ向かう途中の行程のエピソードがいくつか残されており、牛窓玉島胸上などの地名の起源ともなっています。


 -戻る-


写真:三郎島の夕日
写真提供:岡山県

ページトップに戻る