TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市八代

地名の由来:八代

地名の由来

 総社市に山裾の地域で、八代という地名が有ります。

 この地名は地区内に神神社がある事に由来します。
 つまり八代(やしろ)=社(やしろ)です。

 ちなみに社という言葉の語源は屋代(やしろ)なので、あながち全く違う漢字を用いたという訳ではないのですね。

神神社

 神神社は、ミワ神社と読みます。
 同市内に三輪地区から移されたとも言われています。

 奈良県の大神(オオミワ)神社を歓請したと考えられています。
 神社名は分霊された経緯から、大神の大を外して神神社としたものなのだとか。

 正確な記録は残されていないものの、かなり古い神社だと考えられています。



 -戻る-

関連リンク


写真:八代の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る