TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市有漢地域

地名の由来:有漢

地名の由来

 高梁市の難読地名に、有漢があります。
 読み方はウカンです。

 これは鵜飼部という部民が住んでいた事に由来すると言われています。
 部民とは特定の仕事を与えられた人々で、朝廷などに労働力を提供したり、品物を提供する役割を担っていました。

 鵜飼部は鵜飼をして獲った魚を朝廷へ貢納していた人々です。
 この鵜飼が転じて、有漢という地名になっていったのではないかと考えられています。

もう一つのウカン

 岡山県内にはもう一つ、ウカンという地名があります。
 それが岡山市~吉備中央町を流れる宇甘川です。

 ウカイ川、ウカン川の読み方がありますが、この地名もやはり鵜飼が転じたものと伝えられています。
 鵜飼の文字が最初は宇甘(ウカイ)と転じ、やがて文字そのままの読み方であるウカンと変化していったのではないかと言われています。

 高梁市の有漢の地名も、このような変化をしていったのかもしれないですね。




 -戻る-

関連リンク


写真:有漢地域局
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る