TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市内山下

地名の由来:内山下(高梁市)

難読地名・内山下

 建造当時のままの現存天守を持つ数少ない城である備中松山城を中心とした一帯に『内山下』という地名があります。
 読み方は【ウチサンゲ】です。
 県外の方にはなかなか読めない、難読地名です。

 ちなみに岡山市の岡山城の周辺にも同じ内山下地名があります。
 そして津山城の近くにも山下(サンゲ)という地名があり、これも明治初期まで内山下という地名だったものが変化したものです。

 これらは全て、お城に関連する地名なのです。

地名の由来

 まず『山下』の部分は城下町において、城郭とその周辺を指しており、ざっくりと言うならお城のすぐ近くという意味合いになります。

 そしてその中でも内側という意味を持つ『内山下』は、藩主の住んでいる屋敷など、城下でも非常に重要な部分である事を指します。

 内山下の周辺が、備中松山城の中枢に近い部分だった事を伝える地名なのです。




 -戻る-


写真:内山下の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る