TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市・鶴形山

阿智神社

地名の由来:鶴形山

鶴形山の地名の由来

 美観地区に面するようにある小高い丘のような山が『鶴形山』です。
 山頂付近の鶴形山公園阿智神社、阿智の藤などが見られる場所として多くの人々が訪れる観光名所でもあります。
 また桜の時期には花見のスポットとしても賑わいます。

 この山の名前は、鶴が羽を広げているように見えるという山の形に由来します。

旧地名・妙見山

 鶴形山と呼ばれる以前、明治時代頃までは妙見山や宮山と呼ばれていました。
 そもそも阿智神社が神仏習合の妙見宮だった事に由来する呼称です。
(妙見信仰とは仏教の天部である妙見菩薩に対する信仰。天部とは仏教以前に存在した神々の存在を仏教へ取り込んだもの)

 しかし明治時代に起こった神仏分離の指示で、妙見宮は仏教の部分を廃して、阿智神社へと変わったのです。
 そして山の名前も鶴形山へ変わっていったのですが、この呼称が定着するようになったのは随分と後の事で、昭和の時代になってからだと言われています。

 現在の阿知神社と一緒にあった妙見宮は無くなったわけではなく、阿智神社から近い場所にある観龍寺へ移っています。
 この観龍寺にあった妙見宮が地域の鎮守として阿智神社のある場所へ移転していたものだそうなので、正確には移ったのではなく戻ったという方がいいのでしょう。



 -戻る-

関連リンク


写真:阿智神社
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る