TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市粒浦

地名の由来:粒浦

地名の由来

 倉敷市に粒浦という地名があります。
 周辺は源平合戦の舞台にもなった辺りですし、何か意味深な由来がありそうな地名ですが、この地名に歴史的な意味合いはありません。

 というのも、粒浦の地名は複数の地名を繋ぎ合わせて作られた、合成地名なのです。
 粒江と浦田の沖合いにあった干潟を開発する事によって作られた新田を中心とする地域なので、二つの地名から一字ずつ取って、『粒浦』と名づけられたのです。

 東粒浦は後に粒浦の東側が開発して出来た団地に付与された地名です。

粒江と浦田の由来

 では粒浦の元となった二つの地名の由来も調べてみましょう。

 まず粒江。
 この地名は船着場あった事に由来する地名です。
 小字にはその当時を思わせる舟津や船元といった地名が残されています。

 そして浦田は、海岸沿いに田畑が作られた事に由来する地名です。



 -戻る-

関連リンク


写真:玉島粒浦の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る