TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市豊永宇山

地名の由来:豊永宇山

豊永宇山とは

 新見市の【豊永宇山】は山間の地域の地名です。

 地名につく豊永というのは、旧豊永村だったことに由来します。
 文字通り長く繁栄する事を祈って付けられた地名で、周辺町村と合併する際に旧村名を大字に冠したものです。

地名の由来

 豊永宇山周辺の山は石灰岩で出来た山です。
 その外観を卯の花に例えた事から、卯山と呼ばれていたのが、文字が転じて宇山という地名になりました。

 こうした地形の影響で、周辺には鍾乳洞が多く、総延長1kmを超える大きさの宇山洞もあります。
 また同じく旧豊永村の地域だった豊永赤馬も、鍾乳洞が多いことから、穴場が転じて生まれた地名だと考えられています。



 -戻る-


写真:豊永宇山の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る