TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市・哲西地域

地名の由来:哲西

地名の由来

 新見市の哲西地域は、古くから用いられた呼称を地域名としたものです。
 哲西の地名は、阿哲郡の『矢神村』と『』が合併した際に出来た新しい町の名前として誕生しました。

 しかしそれ以前より、阿哲郡が出来る以前の『哲多郡』の西部を指す呼び方として用いられていました。

 合併する2村はどちらも、その哲西の地域に位置していたことから、町名も哲西町としたのです。

てつた?てった?

 町名は哲西(てっせい)町ですが、元になった郡名の【哲多】はてつたと読みます。

 実は読み方が一定しなかった地名で、明治時代まではてつたとも、てったとも、二文字でてたとも呼ばれていたそうです。

 1978年に自治体を再編した郡町村編制法が出された際に、てつたに定めましたが、そこから派生した哲西町や、後に生まれた哲多(てった)町などは、小さい【っ】を用いているので、実際には哲多郡も【てったぐん】と呼ばれて事の方が多かったのかもしれませんね。



 -戻る-


写真:新見市哲西支局
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る