TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市・竪場島

島の様子

地名の由来:竪場島

岡山の軍艦島!?

 玉野市と倉敷市を結ぶ海岸通り、国道430号線を通行していると、海の方に特徴的な形をした島が見えてきます。
 それが上の写真にある『竪場島』です。

 その形から地元では『くじら島』や長崎の端島になぞらえて『軍艦島』とも呼ばれます。

 陸地から程近い場所にあるので、近くの景勝地・王子が岳などからもよく見え、名前は知らないまでも目にした事がある人は多い事でしょう。

地名の由来

 竪場島(たてばじま)という島の名前は、風待ちの場所という意味である『ふなたてば』という言葉から転じたものだそうです。

 かつては定住者がいた時代もありますが、現在は無人島になっています。
 定期便はなく、船をチャーターする必要があります。

 ところでこの島、玉野市にある宇野港土地㈱という会社が所有する島です。
 島にはみかん畑があり、なかなか美味しいみかんが採れるそうです。
 また古い遺跡が残されており(竪場島遺跡)、石器時代の遺構が出土しています。




 -戻る-


写真:実際の島の外観
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る