TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市玉島地区

地名の由来:玉島

玉島の地名の由来

 玉島の地名の由来に登場するのは神功皇后です。
 瀬戸内市の牛窓や玉野市の胸上の地名にも関わる、色々なエピソードを残した方です。
 まだ島だった玉島を訪れた際に、この地で光る玉を拾ったそうです。
 その出来事を喜んだ神功皇后は、この地を玉島と名づけたと言われています。

 また、現在のように陸続きになる以前は島が点在していたので、その様子を例えた表現だとも伝えられています。

倉敷市・児島市との合併

 1967年に玉島市は倉敷市、児島市と合併しました。
 この合併には水島地区が関係していると言われています。

 埋め立てによって誕生した水島臨海工業地帯の境界が曖昧な為、争いになる事を避ける為に一つの市になったのです。


 余談ですが佐賀県には玉島川という地名があります。
 こちらの由来も神功皇后に関係しており、魚占いをした場所なんだとか…。
 僕は後何度、神功皇后に関係する地名と出会うのでしょう。



 -戻る-

関連リンク


写真:円通寺
写真提供:岡山県

ページトップに戻る