TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市

アツイぜ!高梁市  

地名の由来:高梁市

高梁市 概略

市名:高梁市(Takahashi)
市の木:アカマツ
市の鳥:ヤマセミ
市の花:サクラ
関連リンク:高梁市公式HP

地名の由来

 高梁市は元は備中松山と呼ばれ、備中国の中心都市として栄えていました。
 松山が現在の高梁市に改められたのは、明治政府の時代になった際です。
 当時の備中松山藩は勤王・倒幕の思想に反対する立場で、江戸幕府の存続を支持していた為に、朝敵のままの名称を存続させる事が出来なくなってしまいました

 そこで改めたのが『高梁』ですが、これは旧来の地名を元に戻したものです。
 元々は『高梁』という地名だったのが、14世紀頃に高橋又四郎居城の際に、城主と城の名前が同じになってしまった為に、城と地名を改めた際に誕生したのが、松山だったのです。

 高梁という地名は吉備高原の端にある地形から、高い端…となり、高梁の地名が生まれたといわれています。

備中松山城

 その松山城は明治の廃城令により、本来は取り壊される筈だったのですが、山頂に残っている為に費用がかさむので、平地にあった施設のみを取り壊し、他は取り壊したという嘘の報告のみに留まり、取り壊される事はありませんでした。

 その後、荒れ放題になっていた備中松山城は1929年より松山城保存会の手により11年もの月日を費やし、見事に蘇りました。
 嘘の報告という運命のいたずらによってその命を救われた備中松山城は現在、日本では天守閣が現存する唯一の山城として城マニアの人気を集めています。

アツイぜ!高梁市

 ところで高梁市は周囲を山々に囲まれた盆地の地形の為、夏場に気温が非常に高くなる傾向があります。

 夏の間の平均気温は勿論高いのですが、一日に記録した最高気温が、その日の日本で一番高い地域になる事もあるほどです。
 暑さに耐えかねた高梁市は、それを逆に利用しようと思いつき、なんと市のキャッチコピーに『アツイぜ!高梁市』を採用するに至りました。


 -戻る-


写真:アツイぜ!高梁市
写真提供:高梁市公聴広報課

ページトップに戻る