TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市児島塩生

地名の由来:児島塩生

難読地名・塩生

 倉敷市の難読地名の一つに『塩生』があります。
 地元の方以外は恐らく読めないであろう、難読地名です。

 シオナマでも無いですし、エンショウでもありません。
 かといって、地元の方に聞くと、フランス語ばりのなめらかな口調で『ショーナス』と言われて、余計に混乱してしまう…なんて事にもなりかねません。

 正確には『シオナス』と読みます。
 ショーナスというのは岡山弁での読み方で、決して間違いという訳ではないようです。

地名の由来

 ただし難しいのは読み方まで。
 由来は文字そのままで、古くから塩田があり、塩の生産地だった為です。

 周辺では地面を掘り下げていくと、古い塩田の跡が埋まっているそうです。
 塩が出来る、塩を生(な)す…で、シナナスとなりました。

 元々は児島市だった地域で、倉敷市と合併する際に旧市名の児島を冠して、児島塩生という地名になりました。




 -戻る-


写真:塩生の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る