TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市新本

地名の由来:新本

地名の由来

 総社市にある新本(シンポン)は、古い歴史のある地名です。
 かつてこの辺りは田上荘と呼ばれる荘園でした。
 この荘園が二つに分かれ、それぞれ現在の新本川を挟んで南北で本荘と新荘(本庄、新庄)と呼ばれていました。

 現在の新本地区とは、この南北を一つにした呼び方です。

新本義民騒動

 この地はかつて岡田藩の厳しい木材の管理の為に生活が苦しくなった為、罰せられることを覚悟した有志四名で幕府へ申し立てを行うという、新本義民騒動の舞台となりました。

 村民たちは自分たちが管理していた山林を藩有とした上に、それらの運搬を村民たちに低賃金で行わせたのです。
 共有だった山林を奪われ、更に低収入の運搬作業で時間を取られてしまう事に反発した村民たちが対立、江戸にいた藩主に直訴を行いました。
 この直訴によって生活は改善しましたが、その行為を咎められて直訴に行った四人は打ち首になり、他の関係者も多くが罪に問われました。

 現在でも新本川の近くには、処刑された四人の勇気を称えた義民碑が残されています。



 -戻る-


写真:新本の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る