TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市下津井

旧・下津井駅

地名の由来:下津井

地名の由来

 岡山県側の瀬戸大橋の真下にあるのが、下津井です。
 などの海産物で知られる漁師町です。

 この下津井という地名を見ると、それでは上津井という地名があるのか?と思ってしまいますが、その地名はありません。
 ただし現在では『下津井吹上』という地名になっている吹上地域が、かつて上の津と呼ばれており、その上に対して、すぐ下に位置する下津井が下の津となって現在の地名になったとされています。

旧地名・長浜

 周辺は下津井と呼ばれる以前は、『長浜』という地名でした。
 これは文字通り浜辺が長く続いた事を意味しており、大畠・田之浦・吹上・下津井のエリアを総称して下津井四ヶ浦とも呼ばれていたそうです。

 現在でも古くからの漁師町としての趣を残していますが、一方で瀬戸大橋が架橋されて以降は夜間照明実施時などを中心に景観の良いスポットとしても人気を集めています。



 -戻る-


写真:旧・下津井駅跡(下津井電鉄)
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る