TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市成羽町佐々木

地名の由来:成羽町佐々木

地名の由来

 高梁市の成羽地区に佐々木という地名があります。

 佐々木というと、日本では三文字に限ると最も人口の多い苗字です。
 その為か地名というより人の名前イメージがあるという人も多いと思いますが、成羽町佐々木の地名も、人の苗字に由来します。

 周辺は佐々木定綱という人が領主となった土地で、その名前から佐々木となりました。

苗字としての佐々木の由来

 今回は有名な苗字が由来になっているということもあるので、一歩踏み込んで佐々木という苗字の由来についても調べてみました。
 佐々木姓の起源と言われているのは近江国蒲生郡の佐々木氏です。

 先に高梁市の地名の由来として紹介した佐々木定綱さんも、この佐々木氏の親族に当たる人物です。
 この一族の祖先が滋賀県近江八幡市に住んでいたのですが、地元にある『沙沙貴神社』を氏神としていた事から、佐々木という苗字を名乗るようになっていったのだそうです。
 沙沙貴神社は現在も滋賀県に現存する神社です。



 -戻る-


写真:成羽町佐々木の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る