TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市玉島・坂田町

地名の由来:玉島・坂田町

地名の由来

 倉敷市玉島地域の乙島に『坂田町』という地名があります。
 大字ではありませんが、交差点やバス停留所の名前として残っているのでご存知の方もおられるのではないでしょうか?

 これは人名に由来する地名で、坂田 貢という男性の名前から採られています。
 彼は水島臨海工業地帯の開発の先駆者として知られる人物です。
 

坂田 貢とは

 坂田 貢は大正時代より、玉島乙島周辺の海の干拓事業を始めました。
 しかしその生涯は決して華やかな言葉で語られるようなものではありません。
 事業は常に資金難との戦いでだったのです。

 元々、坂田 貢は実業家志向の強い人物で、玉島周辺の干拓に取り掛かる以前から幾つもの事業を手がけていました。
 しかしその多くは上手く行かずに膨大な借金となっており、最後に始めた干拓事業も潤沢な予算を用意して行われた事業ではありませんでした。

 その為、干拓事業で新たに出来る土地を担保にして事業を進めるような有様で、亡くなった際にも手元には土地は全く残っていなかったそうです。
 しかし本人はその事を問われた際に「わしが干拓しとけば、玉島の誰かが使おうが」と答え、意に介さなかったと伝えられています。


 -戻る-

関連リンク


写真:玉島勇崎の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る