TOP備中県民局エリアの地名の由来>浅口市鴨方町六条院西、東、中

 

地名の由来:六条院(西、東、中)

六条院の地名の由来

 浅口市役所鴨方駅の所在地として、鴨方町地域や、浅口市の中心市街地である浅口市鴨方町六条院地区
 この地名は古く、荘園だった頃にまで遡ります。

 かつて平忠盛(清盛の父)が、この地を管理していた時代に、白河法皇の御所である六条院に寄進した事が地名の起こりです。
 当初は六条院村で、後に現在も大字として用いられている六条院東村、六条院西村、そして六条院中村へと分離しました。

 やがて三つの村が合併して六条院村、六条院町となり、後に合併によって鴨方町、そして浅口市に至っています。
 尚、隣接する場所にある鴨方町鳩ケ丘は上記の六条院西、六条院中の一部を造成して新たに作り出された団地です。

 旧鴨方町が周辺の町と合併して浅口市となる際に、鴨方町の地名を残すために、旧町名を冠した【鴨方町六条院(東、西、中)】に変更されました。

寺社と地名

 有力な寺社の名前が地名に採用されることは少なくありません。
 岡山市には法界院、倉敷市には児島由加…といった具合に、有力な寺社の門前町がその名前をそのまま地名としています。

 しかし岡山市東区瀬戸町光明谷のように、寺社の名前(光明寺)に由来するものの、既に廃寺になっていて現存しないケースもあります。
 そして今回の六条院のように、地元の寺社に由来しないケースも少なからずあります。



 -戻る-


写真:六条院の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る