TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市刑部、小坂部

地名の由来:刑部、小坂部

2つのオサカベ

 新見市には二つ、『オサカベ』という地名があります。
 これらはダムや川の名前にも用いられる地名で、『刑部』と『小坂部』という文字が当てられます。

 一つは1955年に合併で消滅した『刑部町』に使用されていたもので、現在でも刑部駅などの名前としてよく知られている名称で、大佐上刑部などの地名も見られます。

 そしてもうひとつは、その刑部駅の所在地でもある大佐小の地名です。
 この二つの地名は漢字の違いこそ違えど、読み方はどちらも『おさかべ』で、それぞれ同じ由来を持っています。

地名の由来

 刑部とは、かつて日本で用いられていた部民の一つです。
 朝廷から特定の役割を与えられていた人々の事です。

 允恭天皇の妃、忍坂大中姫の為に設置されたもので、領地の一部を割いて、朝廷の経済源として献上するという役割を担っていました。
 現在の刑部の地名が見られる周辺にが、刑部と呼ばれる人たちが住んでいた地域に当たり、かつては『刑部郷』と呼ばれ、現在の地名へとつながっていkます。

 かつては刑部町として独立していましたが、後の合併などにより、現在残る大字は旧町名を関した『大佐小坂部』、『大佐上刑部』となっています。

 総社市にも総社宮から程近い場所に刑部オシカベ)の地名がありますが、この地名の由来も同様のものです。



 -戻る-


写真:刑部駅
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る