TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市・大佐地域

地名の由来:大佐地域

地名の由来

 大佐町の地名の由来は『大佐山』から来ています。

 この山はかつて『黄(おう)山』と呼ばれていましたが、後に大阿蘇大明神がこの山に現れるという出来事があり、大阿蘇山と呼ばれるようになりました。

 後にこの大阿蘇山が転じて大佐山となり、町名も大佐町となったのです。


伝説の地

 大阿蘇大明神が現れたという伝説を今に伝えるのが、『大佐神社』で、現在でも『大阿蘇大明神』様と呼ばれる事もあります。

 この神社は大阿蘇大明神が自分をきちんと祀れば、人々の暮らしや健康を守ると伝えた際に建てられたものだと伝えられています。



 -戻る-


写真:大佐神社
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る