TOP備中県民局エリアの地名の由来>笠岡市大河

地名の由来:大河

地名の由来

 笠岡市に大河という地名があります。
 しかし周辺を見渡してみると、通っているのは吉田川ですが、これは大河というほど大きな川ではありません。

 しかし、地名はやはり吉田川に由来します。

 現在は埋め立てられて完全に内陸部になっていますが、元々は大河の辺りまで金浦湾が湾入してきており、田川も大河の辺りで海に注ぐ河口になっていました。
 大河というのは、この時の河口の風景を表現して付けられた地名なのです。

笠岡と干拓

 笠岡市は干拓が盛んに行われた地域です。
 埋立地ではない、元々の笠岡市の周辺の航空図を見て頂ければ一目瞭然なのですが、笠岡市は丘陵地が多い地域です。

 その為、農地を増やす為などの目的で、江戸時代より干拓が盛んに行われています。
 木之子島、片島などは、現在でこそ干拓地にある丘陵地の佇まいですが、元々は海に浮かぶ島だったものが陸地化されたものです。


 -戻る-


写真:大河の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る