TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市大佐大井野

地名の由来:大佐大井野

地名の由来

 新見市にある大佐大井野の地名の由来は、後醍醐天皇が隠岐へ島流しになった際に訪れた場所であることに由来します。

 天皇=王が居た場所という事から、『王居という地名になりました。

 後に地域の中央に立派な井戸があることから、大きな井戸と文字が転じて、現在の地名の『大井野』に落ち着きました。
 大佐町が合併により新見市になった際に、旧町名を冠した『大佐大井野』となりました。


周辺スポット

 地区内には後醍醐神社があります。
 この神社の永大には後醍醐天皇が立ち寄った事に後醍醐天皇が食事をしたという後醍醐天皇ご飯石があります。

 後醍醐天皇はこの地で、ワラビ料理を堪能したのだとか。
 このワラビは大層美味だったそうです。
 現在も周辺で採れるワラビはアクがなく、美味なものが多いそうです。



 -戻る-

関連リンク


写真:大佐大井野の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る