TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市老松町

地名の由来:老松町

地名の由来

 老松町の地名の由来は同地域内にある八幡神社です。
 この神社にはかつて立派な松があり、老松というのはその松を指す地名なのです。

 地名だけを聞くと、倉敷市らしい古めかしい地域を想像してしまいそうですが、倉敷市の繁華街に程近い、昔ながらの街並みとは余り縁の無いにぎやかな地域です。

松の今

 神社自体は現在でも健在ですが、残念ながら松は虫害によって失われてしまいました。
 『此の里はかくこそあれと永久に立ち栄えゆく阿知の松が枝』と詠われた、とても立派な松だったそうです。
 
 松の大木などは老松町に限らず、様々な地域で地名になっています。
 これは地名の生まれ方としては非常に古いタイプのもので、大きな木や岩など、目印になりやすいものを指して、その地域の事を呼んでいたのが、そのまま地名となっていったものです。



 -戻る-


写真:老松町の風景
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る