TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市・帯江

 

地名の由来:帯江

地名の由来

 倉敷市の倉敷地区東部に帯江と呼ばれる地域があります。(帯江小学校区)
 元々帯江村という村だった地域を指すエリアです。
 1951年に倉敷市と合併して、既に地名の大字には残されていませんが、小学校の名前等で現在も使用されています。

 地名は帯江内を流れている六間川が帯を流したように曲がっている事から、付けられました。

帯江の歴史

 現在の地域としての帯江は二日市、羽島、倉敷ハイツ、加須山、帯高、亀山、有城を指します。

 元々、帯江と呼ばれていたのはこの中の二日市の地域でした。
 それが明治に入りって、上記の地域の村々が合併した際に帯高村を作り、再び改称して帯江村を名乗りました。
 帯高は合併した内の帯江と高沼という二つの村の地名から取った合成地名です。

 高沼という地名は現在見ることはありませんが、実は帯高村が再び帯江村に改称した際に、旧高沼村の区域を旧村名の帯高へ地名を改称した為です。



 -戻る-

関連リンク


写真:六間川緑地周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る