TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市真備町上二万、下二万

 

地名の由来:真備町上二万、下二万

地名の由来

 倉敷市の真備町に上二万(カミニマ)下二万(シモニマ)という地名があります。
 これらは元々は一つだったニマという地名が2つに別れて出来た地名です。

 ではニマとは何でしょう?
 これは古代に存在した迩摩(ニマ)郷に由来しています。

 かつて斉明天皇が朝鮮への出兵を決めた際に、真備町周辺から二万の兵士を集めさせたという伝説が残されています。
 迩摩(二万)というのはその伝説に由来した地名です。

 …が、これは後世に作られた語呂合わせだと言われています。
 迩は鉄などを意味する丹の意味で、周辺が鉱山で栄えていた事に由来する地名ではないかと考えられています。

兵士のその後

 さて真備町で集められた兵士はどうなったのでしょう。
 朝鮮で勇猛に戦った…のかと思いきや、斉明天皇は戦いを前に崩御してしまいます。

 その為、朝鮮への出兵はいったん休止となり、兵士たちはそのまま引き返していったのだそうです。



 -戻る-

関連リンク


写真:真備町上二万の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る