TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市


地名の由来:新見市

新見市 概略

市名:新見市(Niimi)
市の木:ヒノキ
市の鳥:ウグイス
市の花:ツツジ
関連リンク:新見市公式HP

地名の由来

 『新』というのは、『』という赤土などを意味する言葉から来ています。
 そして『』という文字は場所を指す意味で用いられています。
 要するに新見とは、赤土がある場所という意味の地名です。

 赤土は鉄などを含んでおり、新見市も明治時代の初期までは製鉄が盛んに行われていました。
 新見市の特産品である千屋牛も、元々は鉱山で労役牛として用いられていた牛です。

日本初、電子投票の市

 新見市は県内でも先んじた制度の導入などで知られる町です。
 2002年に行われた選挙(市長選挙と市議会議員選挙)は日本初となる電子投票で、後に様々な自治体から人が訪れ、参考にしたと言われます。

 この出来事を記念して、新見市のお菓子屋では、【電子投票記念まんじゅう】を販売しました。



 -戻る-


写真:新見市役所
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る