TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市・鳴滝

鳴滝

地名の由来:鳴滝

鳴滝とは

 新見市の千屋ダムを更に進んだ辺りに『鳴滝』と呼ばれる滝があります。

 上の写真が実際の鳴滝の様子です。
 写真で見ると小ぶりに見えますが、実際には更に奥に滝が続いていて、三段で落差30mほどあります。

 しかしこの滝の最大の特徴は大きさや形ではなく、迫力のある音です。
 それは名前の由来にもなっています。

地名の由来

 鳴滝の水は中国山地から来ているもので、非常に豊富な水量を誇ります。
 その為、水が落ちてくる音もとても大きく迫力のあるものになります。

 静かな時だと2kmほど離れた麓でも聞くことが出来るほどだそうで、そこから『鳴滝』の呼称が生まれたといわれています。


 -戻る-

関連リンク


写真:鳴滝
写真提供:岡山県

ページトップに戻る