TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市水島地区

熊野神社

地名の由来:水島

水島の地名の由来

 日本を代表する工業地帯の一つである、水島臨海工業地帯。

 その名の通り、水島地区を中心とした工業地帯です。 では、水島と言う地名はどこから来たのかと言うと、水島を開発するに当たって埋め立てられるなどした辺りが水島灘と呼ばれていた為です。

 そこで『水島灘』という呼び方を調べてみました。

 すると、水島灘というのは、すぐ近辺に浮かぶ上水島、下水島という島の名前に由来していました。

 では更に、上水島、下水島の地名の成り立ちを調べてみましょう。


水島と熊野本宮

 水島という名称は古く8世紀にまで遡り、修験道の開祖であるとされる役小角が奇妙な術を使うなどして世間を惑わせていると言う咎で伊豆島に流されたという出来事に行き着きます。

 この時、弟子の一人であった義学は、更なる迫害が及ぶことを危惧していました。

 そこで役小角さんが伊豆に流罪になるまで身を潜め、『熊野本宮』のご神体を安置できる場所を求めて、船旅へ出ます。

 各地を回っている途中で、役小角が赦免されたという情報を耳にして、戻る事になりました。

 その途中、飲み水がなくなったので義学さんは海中へ杖を挿して祈りを捧げたところ、良い水が湧き出てきたと伝えられています。

 その舞台となったのが、現在の上水島だったとされています。

 ちなみに、帰り道の途中で、ようやくご神体を安置する場所として選ばれたのが、倉敷市林にある『熊野神社』です。




 -戻る-

関連リンク


写真:熊野神社
写真提供:岡山県

ページトップに戻る