TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市・美穀

地名の由来:美穀

地名の由来

 新見市の唐松地区には美穀(みよし)という地名があります。

 旧新見市(平成の大合併の際に再編される以前の新見市)が誕生する際に、合併された村の内の一つでもあり、現在でも農協の支所や湖の名前として、地図で見ることが出来ます。

 この地名は、良質な米が採れる産地だった事に由来します。
 それを表現して美しい穀物で美穀です。

美穀のお米

 現在でも一帯は米の産地として知られています。
 高梁川の源流に位置することから、『あしん源流米』の名称で売り出されています。

 新見を訪れた際には、ぜひどうぞ。


 -戻る-


写真:周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る