TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市美袋

地名の由来:美袋

地名の由来

 総社市の難読地名といえば『美袋』ではないでしょうか。
 JRの駅があるので漢字変換では出て来やすいのですが、読み方は『みなぎ』です。

 この地名は『水流れ』という言葉が転じたものです。
 ちょうど川沿いに位置する地域で、対岸への渡り舟の発着場でした。
 かつては松山往来と玉島往来の分岐点と言うことで、交通の要衝として賑わっていました。

 『袋』という文字は、『』(正確にはこの字の異体字が用いられていますが、環境依存文字なのでご覧の環境によっては文字化けが起こるのでご了承下さい)が使われていたのが、いつの間にやら現在の袋の文字が定着して行ったようです。

美袋駅

 JR美袋駅は1925年に建造された、非常に歴史のある建物です。
 扉や窓枠がアルミに変更された以外は当時のままを留めており、国の登録有形文化財にも指定されている貴重な駅舎です。

 建物の外観は木造の下見板貼りで、切妻屋根という建設当時の駅の建物を代表するような形で建てられています。
 まるで昔の映画から切り抜いてきたような趣のある建物は、観光スポットとしても人気を集めています。

センチン町

 美袋周辺の古い呼称にセンチン町というものがあります。
 これは美袋が松山往来の宿場町として賑わっていた頃の呼び名で、センチンというのはトイレの事を指す言葉です。

 実は民家が往来の側にトイレを作り、往来を通る人にも開放していたのです。
 その事からセンチン町と呼ばれるようになったのです。

 これは往来を行く人々に親切にしようという気持ちではなく、下肥を集める為のアイディアで行われていたそうです。
 センチン町と呼ばれるようになるほどなので、きっと試みも成功したのでしょうね。



 -戻る-

関連リンク


写真:美袋駅
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る