TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市玉島道口

地名の由来:玉島道口

地名の由来

 倉敷市玉島地区にある玉島道口は高速道路(山陽自動車道)のパーキングエリアの名称にもなっているので、県内外を問わず、知名度の高い地名でしょう。

 地名の由来は、交通の便が良い場所だった事です。
 海は玉島港、河川には高瀬舟、そして陸路では玉島往来(総社と玉島地区を繋いだ街道のこと)と、非常に繁栄していた玉島港の様々な『道の入り口』となっていた事が地名となって、道口となったと伝えられています。

 現在では昔ながらの街並みを楽しめる小型船を中心とした港町となった玉島港ですが、道口の地名には繁栄した時代の名残が残されているのです。

富田地区

 道口、道越、八島、富の地域を富田地区と呼びます。
 現在でもこれらの地域の子供たちが通う(一部を除く)小学校は富田小学校です。
 かつてはこれらの地域が一つの自治体を形成しており、それが富田村だったのです。

 富田村は1953年に当時の玉島市に編入されました。
 地名に玉島を冠しているのは玉島市に含まれていた為で、後に倉敷市と合併した際に玉島の地名を残すために改称されたものです。




 -戻る-


写真:玉島道口の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る