TOP備中県民局エリアの地名の由来>笠岡市・真鍋島

真鍋島

地名の由来:真鍋島

地名の由来

 真鍋島の地名は、源平合戦の時代にこの島を拠点としていた真鍋氏に由来しています。
 島内には真鍋水軍の名前で知られる真鍋氏の城址が残されています。

真鍋姓発祥の地

 中四国に散見される『真鍋』姓は、この真鍋島が発祥の地です。
 真鍋島の地名から、苗字として使われるようになって、やがて全国へ広がっていきました。
 
 その為、現在でも真鍋(真部、真辺などの漢字もある)という苗字は、発祥の地である真鍋島周辺…要するに、瀬戸内海沿岸に多く見られます。
 特に香川~愛媛で多い傾向にあります。

真鍋島とは

 笠岡諸島の一つである真鍋島は、島内に古い町並みを残しているので映画のロケ地に使われたり、走り神輿などのお祭りなどでも知られる小さな島です。
 ロケ地に用いられた場所をめぐったり、真鍋島ふれあいパークなど島内の景色を楽しんだりする以外には、余り目立った施設はありません。

 しかし島を流れるゆったりとした時間に魅せられる人は多く、高い人気を誇る観光地になっています。
 昨今では猫が多い事から、猫の島としても人気が高まっているようです。




 -戻る-


写真:真鍋島の走り神輿
写真提供:岡山県

ページトップに戻る