TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市・黒髪山

地名の由来:黒髪山

地名の由来

 新見市に有る標高647mの山である『黒髪山』。
 何だか若々しい響きで羨ましくなるような地名ですが、この地名の由来は木々が繁っている様子を黒い色で例えたものです。

 実は黒髪山という名称には元になった地名があります
 黒髪山というのは元々、中国の長安にある山の名称なのです。
 黒々と木の繁る様子がそれに似ているということで、空海さんがこの地に伽藍を建立するに当たり『黒髪山 青竜寺』とした事が由来とも伝えられています。

色と地名

 地名の中には色が含まれる地名も多くあります。
 しかしそれらの中には、現在の感覚では色と実際の風景が合致しないように思われる色も少なくありません。

 実は昔の日本は現在のように、色を表現する言葉は多くありませんでした。
 なので、今回は木々が茂っている様子を黒々と茂っていると表現しましたが、現在でも用いられる表現でも【青々と茂っている】という言い方をします。
 言うまでもなく木々が茂っている様子は色で言えば緑なのですが、昔は青という言葉が緑の表現も兼ねていたのですね。

 信号機の緑っぽい色を青と表現する事も同様の理由です。



 -戻る-

関連リンク


写真:上空から見た黒髪山
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る